愛媛の注文住宅なら西条市のマーク住研

愛媛の注文住宅なら西条市のマーク住研

0120-64-0208
HOME > スタッフブログ☆☆ > ~タイルについて①~

~タイルについて①~

2020-04-29

皆さんこんにちは!

今日からタイルについて勉強を一緒にしていきましょう。

今日の勉強はタイルの素材についてです。

いいなと思う方は、ぜひ参考にしてください!!

 

 

 

~素材の種類~

  • 磁器質タイル

  ⇒石英や長石などを1200~1350℃で焼いたタイルです。
   緻密で硬く、たたくと金属のような澄んだ音がします。
   吸水性が低いので水回りに使うことが可能です。

  • せっ器質タイル

  ⇒粘土や長石などを1200℃前後で焼いたタイルです。
   磁器質タイルに比べると吸水性はやや高くなりますが、それっでも低いほうです。

  • 陶器質タイル

  ⇒陶土や石灰などを1000~1200℃で焼いたタイルです。

   多孔質(細かい穴がたくさん開いている構造)なので吸水性が高いものになります。

   磁器質タイルとは対照的に、たたくとにごった音がします。

↑磁器質タイル

↑せっ器質タイル

↑陶器質タイル

 

 

 

どうでしたか??

見た目が同じタイルでも使用箇所によって、向き不向きがございます。

しっかり素材を見てから決めましょう!!

 

★次回★用途の種類

 

 

私もお客様により良い提案ができるように勉強していきます。

 

 

マーク住研

マーク住研 〒793-0030 愛媛県西条市大町704-1 TEL:0897-55-1974  FAX:0897-55-1991

Copyright © MARK JYUKEN All rights Reserved.